受付時間 9:00 〜 18:00(月〜金)

装飾
画像 画像

受付時間 9:00 〜 18:00(月〜金)

メールでのお問合わせ

変形性関節症の改善

変形性関節症の症状

変形性関節症は関節に痛みや腫れが生じ、最終的には関節の変形をきたす変形性疾患です。膝の付け根、肘、肩などの関節に痛み、腫れなどの症状がみられ、関節炎を起こすこともあります。また、症状が進行すると次第にO脚が見られ、階段の昇り降りが困難になるだけでなく、平地での歩行も困難になるなどの日常生活に支障が出てくることもあります。

男女比は1:4で女性に多く見られ、高齢になるほど疾患率は高くなります。

主な症状

  • 膝の痛み、腫れ、こわばり
  • 膝に水が溜まる
  • 膝など関節のゆがみ
  • O脚
画像

変形性関節症の原因

変形性関節症は、老化により骨と骨の間にある軟骨がすり減り、関節が滑らかに動かなくなることで起こります。滑らかな動きができないと、骨と骨の間で大きな摩擦が生じ、炎症を起こしたり、水が溜まって腫れ上がることもあります。症状がひどくなると「骨棘(こつきょく)」という骨に棘のような突起ができて関節が変形してしまいます。

変形性関節症が起こりやすいのは、背骨、股関節、膝の関節などですが、首や手、肩などの関節も変形性関節症が起こらないとは限らないので注意しましょう。

画像

変形性関節症の施術

変形性関節症は適切に対応すれば、「痛み」などのつらい症状を和らげることができます。患者さんの多くは、痛みのために寝たままや座ったまま、長期間関節を動かさない場合が多く、関節や筋肉にこわばりが生じる傾向があります。

そのため、太ももや膝関節の筋肉を鍛える運動や、関節の動きを柔らかくするストレッチを行うことで、膝にかかる負担を軽減し、痛みを和らげていきます。

画像