受付時間 9:00 〜 18:00(月〜金)

装飾
画像 画像

受付時間 9:00 〜 18:00(月〜金)

メールでのお問合わせ

施術内容

施術の主な目的

麻痺・運動障害・関節拘縮の改善や予防を図り、利用者様の生活範囲を広げることで、より自立したその人らしい生活の実現を目的としています。また、細かくコミュニケーションをとりながら症状に合わせた適切なケアを行い、ADL(日常生活動作)とQOL(生活の質)の向上を目指します。

傷病別の施術内容

画像

浮腫の改善

浮腫は筋力低下、運動不足などから日常的に起こるもので、気づかないうちに発症しているかもしれません。浮腫の原因や施術について詳しく説明します。

詳しくはこちら
画像

脳梗塞による後遺症の緩和

脳梗塞の後遺症は人それぞれ様々な種類があり、緩和するには適切なケアが欠かせません。関節のマッサージから、日常生活に必要な筋力維持の運動まで一人一人の症状に合わせたケアを行なっています。

詳しくはこちら
画像

パーキンソン病の改善

パーキンソン病は決して珍しい病気ではなく、日本では現在、約15万人の患者さんがいると言われています。50代頃から症状が見られ、年齢とともに患者さんが増加する傾向にあります。近年、身近な病気になりつつあるパーキンソン病について詳しく解説しています。

詳しくはこちら
画像

変形性関節症の改善

近年、健康で自立した生活を送ることができる期間、いわゆる「健康寿命」が注目されています。変形性関節症など、運動器の症状をそのままにしておくと、歩く、座る、立ち上がるといった日常生活の動作に支障が出始めます。ここでは変形性関節症の原因や施術について、解説しています。

詳しくはこちら
画像

拘縮の改善

関節が拘縮(こうしゅく)すると、着替えや排泄などの日常生活が困難になるだけでなく、廃用性による骨折を引き起こすなど、介護・看護者の負担も大きくなります。このため、拘縮を作らないよう、また悪化しないように普段から予防していくことが大切です。

詳しくはこちら